ヒヨコの成長 10週目

こんな感じです。 ヒナは大きくなっていますが、画像ではわかりにくいですね。 この時の体重が約700gです。 産まれたてのヒヨコが36gでしたので、大体20倍くらいに成長しました。 この差を見ると、結構早く成長しているなと思われるかもしれません。 しかし、もっと早く成長する鶏がいます。 鶏は卵を産ませるための鶏(レイヤー)と、肉にするための鶏(ブロイラー)がいます。 うちで飼っているのはもちろん卵を産ませるための鶏です。 スーパーなどで売られている鶏肉は肉にするための鶏の肉です。 この肉用の鶏(ブロイラー)の成長が驚きの早さです。 ブロイラーは産まれて8週目の体重がなんと2.8㎏にもなります。 8週目から出荷され、遅くとも10週目までにはすべての鶏が肉になります。 つまり、今、うちにいる雛の成長段階で肉になっています。 肉用の鶏であるブロイラーは早熟であることが求められ続けてきました。 早く成長すれば、その分エサのコストが削減できます。 品種改良を重ねた結果がこのような成長スピードの鶏を作ったのです。 うちで飼われている鶏はメスが2㎏、オスが3㎏ほどにまでしか成長しません。 その大きさになるのにも9か月ほどかかります。 卵を産み始めるのは4-5ヶ月ほどたったころです。 今の雛ならば、来年の1月中には卵を産み始めそうです。

ヒヨコの成長 8週目

だんだんパッと見では成長がわかりにくくなってきています。 比較すると違いが判ります。 興味ある方は前の画像と比べてみてください。 2か月たった姿はこんな感じです。 体は一回り大きくなっています。 トサカが成長して、赤みが増したことが一番わかりやすいポイントです。 オスのトサカの方が成長が早いです。 画像では伝わりませんが、食べるエサの量も、飲む水の量も増えました。 次回の報告では、水飲みが大きいものに変わっているはずです。 動くヒナたちはこんな状況です。

新商品!@べつばら処ひまわりさん

以前にもご紹介したことがある地元のケーキ屋さん べつばら処ひまわりさんにて、うちの卵を使った新商品ができました! これです! ”石黒カステラ(!)ケーキバージョン”と勝手に呼んでいますw あの期間限定だったカステラがケーキとなって新登場。 はちみつを使っていないので、小さいお子さんもOKだそうですよ。 かわいいヒヨコが目印です。 お近くに来た際には、是非ご賞味ください。

お好み焼き、やきます

明日(11/3)、常陸大宮市で第27回ふるさと祭りおおみや「ふれあい広場」が開催されます。 その会場内に地区の皆さんと模擬店を出しています。 初回から参加しているので、27回連続だとか。 継続は力なりを地で行ってますね。 そのテントで、うちの卵を使ったお好み焼きを販売しています。 結構なボリュームのお好み焼きが、\300です。 会場にいらした際には、是非お買い求めくださいませ。 今年のテントは、ジャンボ畳上すべり台の近くです。 お待ちしております<(_ _)> 文化の日は、晴れの得意日として有名で、この祭りも結構天候に恵まれています。明日も晴れの予報ですよ。 (告知はもう少し早めにすべきですね。反省(”^ω^)・・・)

ページトップ

* 常陸大宮市内、近隣地区(常陸太田市、那珂市等)への配達を行っています。

 宅急便のご利用も承っております。お気軽にご連絡ください。