良いお年を

今日の夕方に鶏たちにエサをあげて、今年の仕事納めとなりました。 今年も卵を食べていただき、誠にありがとうございます。 今年は宿題だったこのホームページを開設することができました。このサイトを通じて新たな出会いが産まれました。とてもうれしく思っています。 来年も石黒たまご園のことを知ってもらえるように、このサイトの更新にも取り組んでいきたいと思っています。 明日の朝から、石黒たまご園は仕事始めです(笑) 皆様に納得していただける卵をお届けできるように日々の仕事に精進していきます。 来年もご贔屓にしていただけたら幸いです。 それでは、皆さま、良いお年をお迎えください(^_^)/~ ヒナたちの今

新しいヒヨコ

今日、産まれたてのヒヨコが来ました。 石黒たまご園では、年に3回(4月、9月、12月)、ヒヨコを育て始めます。年間の産卵量に波が出ないようにするためです。 ヒヨコはとてもか弱いため、毎回気を使います。そして、気が引き締まります。 「よい鶏に育ってくれますように」 ヒヨコを受け入れるたびに思う気持ちです。 ヒヨコの成長をHPで更新してきましたが、振り返ると「あれも載せればよかったな」と思うことがちょいちょいあります。そんな抜け落ちた部分を細くしていきたいと思っています。 その一つがひよこの嘴(くちばし)についてです。 ヒヨコの嘴には産まれたてのヒヨコにしか付いていない“ブツ”があります。その名を 「卵歯」といいます。卵の殻を割るためのアタッチメントのようなもので、嘴の先についています。画像をよく見るとわかるので、見つけてください。 ヒヨコは卵の中からこの卵歯を使って、殻を打ち破ります。打ち始めてから孵化するまでには20時間ほどかかるようです。孵化後、卵歯は不要になるため、まもなく取れてしまいます。 生き物の仕組みはうまい具合にできているものだと、卵歯を見るたびに思っています。

ヒナの成長 4ヶ月目

ヒナたちも産まれてから4か月目に突入しました。大きくなってきたので、成鶏用の鶏舎に引越しです。病気の予防の意味もあり、ヒヨコ用の部屋と大きくなった鶏用の部屋を分けています。 引越しの方法は原始的にヒナをカゴに入れての移動です。1羽1羽捕まえて、カゴに入れていきます。ちょっと窮屈ですが、しばしの我慢。 ヒナは全てを一度に移動せずに、数回に分けて移動します。多くのヒナを一度に移動すると、新しい部屋に慣れていないため、部屋の隅に集まり圧死してしまう危険があるためです。 移動も無事に終了し、新しい鶏舎にも慣れ元気に動き回っています。

年末年始の配達のお知らせ

2015年もあと20日で終わりです。年々、一年が経つのが早く感じるようになりました。 さて、年末年始の石黒たまご園の卵の配達予定をお知らせします。 12/30(水)まで、いつも通りに配達します。 12/31~1/3までの配達はお休みします。 新年は1/4(月)より通常通り配達します。 配達を休む間の分の卵を前もって、お届けすることもできます。卵の注文の変更がありましたら、お早目にご連絡ください。 なお、鶏は人間の暦など関係なく、無休で産卵しています。 卵が食べたくなったら、農園までお越しください。年中無休で販売しています! また、宅急便での発送も年中無休で行っています。 お気軽にお問い合わせください。

卵を置く机、リニューアルしました

数年前からの課題であった、集めた卵を置くための机を作りました。 というのも、前に使っていたものは私が小学校の時に使っていた学習机。 購入時から30年以上!たっており、耐用年数をとっくに超過。 机の脚がグラグラして、いつ壊れても驚かない代物でした。 重い腰を上げ、机作成に取り掛かりました。 そうすると、これがやっぱり楽しいんです。 サイズを決め、材料を買い、それを刻む。 ホゾを掘って、それがピタッとはまると、“カ・イ・カ・ン”です。 大工仕事はとても楽しいですね。 エサ箱や産卵箱もリニューアルしなければならないので、冬の仕事として取り組むつもりです。 四隅の角が体に当たって痛い!というクレームがあるので、近日中に角を丸くします。 もし、たまご園にお越しになる機会があったら、チェックしてみてください。

ページトップ

* 常陸大宮市内、近隣地区(常陸太田市、那珂市等)への配達を行っています。

 宅急便のご利用も承っております。お気軽にご連絡ください。