新しいチラシもできました

3月下旬に道の駅がオープンしたことで、新しい“日常”が加わりました。その“日常”はまだまだカッコつきの日常です。カッコつきなので落ち着きませんが、なんとか日常に落とし込むべく、日々バタバタと目の前の出荷に励んでいます。 道の駅のオープンは石黒たまご園に様々な変化の契機になりました。 卵パックでの変化があったことはお知らせしましたが、チラシにも変化がありました! 石黒たまご園の卵のことをよく知ることができるチラシになっています。こちらからダウンロードできるので興味のある方は是非ご一読ください。 こんな素敵(!) なチラシは私が作れるはずもなく、このサイトを作ってくれた友人作です。 卵パックももちろん友人のデザイン。“餅は餅屋”だと実感しています。 その友人は海外在住で、サイト、卵パック、チラシを作成する間、一度も会っていません。メールでのやり取りをしただけです。それで、こんな素敵なものができてしまうのです。自分でしたことながら、隔世の感があるなぁと思っています。

新しい卵パックができました

近所に道の駅ができて、2週間が経ちました。さすがに国道の渋滞は解消されましたが、たくさんの人が訪れているようです。地域の人もやはり見物に行くようで、「卵並んでたね。見たよ」などと声をかけてくださります。 見た人それぞれに感想があり、道の駅を話のネタにして会話が盛り上がっています。そんな会話から生まれる良いアイデアを積極的に取り入れる道の駅であって欲しいと思います。愛着というものはそうやって産まれるのではないかなぁ。 さて、道の駅オープンをきっかけにして、新しい卵パックを作りました! なんとなく思っていた「独自の卵パックがあったらいいな」という考えが道の駅オープンに背中を押され、実を結びました。 それがこちら↓ 開くとこんな感じ↓ このサイトをデザインしてくれた友人が案を考えてくれました。良いデザインで気に入っています。パックの製造業者さんとも何度もやり取りをして、満足のいく卵パックができました。 道の駅ではこの卵パックで販売しています。 “この卵パックを見かける→「あ、石黒さんの卵だ」” と思っていただけるくらいに地元で定着してくれたら嬉しい限りです。 そのためにせっせと道の駅に出荷する毎日です。

ページトップ

* 常陸大宮市内、近隣地区(常陸太田市、那珂市等)への配達を行っています。

 宅急便のご利用も承っております。お気軽にご連絡ください。