• tamagoen

ヒヨコは箱に入って届きます


たまご園では年に3回、新しいヒヨコを迎え入れます。

農園でヒヨコを孵化させずに、産まれたてのヒヨコを孵化場から購入します。

うちの卵を孵化させても、親鶏と同じ能力を持ったヒヨコが産まれてこないからです。

孵化場からヒヨコは専用の箱に入って運ばれてきます。

ヒヨコが隅っこによって圧死しないように、区分けされています。

空気窓もふんだんにあります。

一つの区画に20-25羽入っています。

到着すると、用意していた育雛場(いくすうじょう)にそっと入れてあげます。

奥に見えるのはこたつです。

ヒヨコは37度で産まれてくるので、温めてあげないと弱ってしまいます。

#ヒヨコの成長

0回の閲覧
ページトップ

* 常陸大宮市内、近隣地区(常陸太田市、那珂市等)への配達を行っています。

 宅急便のご利用も承っております。お気軽にご連絡ください。