• tamagoen

育雛場のくふう


ヒヨコを育てる場所を“育雛場(いくすうじょう)”と言います。

読んで字のごとく、「ひなを育てるところ」です。

たまご園の育雛場はこんな感じです↓

この育雛場のポイントは…、

・ヒヨコが暖を取るためにコタツが設置している

 →ヒヨコは37度で温められて産まれてくるので、外気温では寒すぎる

・ヒヨコが飛び出ないように、丸くガードで囲っている

 →ヒヨコは小さいので遠くまで行くと戻ってこれない

 →四角だと、角に集まって圧死してしまう危険性があるため丸くする

 →病気の原因に触れるリスクを減らすため、出られないように囲う

ヒヨコを育てる上では「温めて、病気のもとから遠ざける」ことが大切です。

そのための工夫がこらされている育雛場になっています。

ここに迎えられたヒヨコたちの様子がこれです↓

#ヒヨコの成長

110回の閲覧
ページトップ

* 常陸大宮市内、近隣地区(常陸太田市、那珂市等)への配達を行っています。

 宅急便のご利用も承っております。お気軽にご連絡ください。