• tamagoen

ヒヨコの成長 10週目


こんな感じです。

ヒナは大きくなっていますが、画像ではわかりにくいですね。

この時の体重が約700gです。

産まれたてのヒヨコが36gでしたので、大体20倍くらいに成長しました。

この差を見ると、結構早く成長しているなと思われるかもしれません。

しかし、もっと早く成長する鶏がいます。

鶏は卵を産ませるための鶏(レイヤー)と、肉にするための鶏(ブロイラー)がいます。

うちで飼っているのはもちろん卵を産ませるための鶏です。

スーパーなどで売られている鶏肉は肉にするための鶏の肉です。

この肉用の鶏(ブロイラー)の成長が驚きの早さです。

ブロイラーは産まれて8週目の体重がなんと2.8㎏にもなります。

8週目から出荷され、遅くとも10週目までにはすべての鶏が肉になります。

つまり、今、うちにいる雛の成長段階で肉になっています。

肉用の鶏であるブロイラーは早熟であることが求められ続けてきました。

早く成長すれば、その分エサのコストが削減できます。

品種改良を重ねた結果がこのような成長スピードの鶏を作ったのです。

うちで飼われている鶏はメスが2㎏、オスが3㎏ほどにまでしか成長しません。

その大きさになるのにも9か月ほどかかります。

卵を産み始めるのは4-5ヶ月ほどたったころです。

今の雛ならば、来年の1月中には卵を産み始めそうです。


520回の閲覧
ページトップ

* 常陸大宮市内、近隣地区(常陸太田市、那珂市等)への配達を行っています。

 宅急便のご利用も承っております。お気軽にご連絡ください。