• tamagoen

新しいヒヨコ


 今日、産まれたてのヒヨコが来ました。

 石黒たまご園では、年に3回(4月、9月、12月)、ヒヨコを育て始めます。年間の産卵量に波が出ないようにするためです。

 ヒヨコはとてもか弱いため、毎回気を使います。そして、気が引き締まります。

「よい鶏に育ってくれますように」

ヒヨコを受け入れるたびに思う気持ちです。

 ヒヨコの成長をHPで更新してきましたが、振り返ると「あれも載せればよかったな」と思うことがちょいちょいあります。そんな抜け落ちた部分を細くしていきたいと思っています。

 その一つがひよこの嘴(くちばし)についてです。

 ヒヨコの嘴には産まれたてのヒヨコにしか付いていない“ブツ”があります。その名を 「卵歯」といいます。卵の殻を割るためのアタッチメントのようなもので、嘴の先についています。画像をよく見るとわかるので、見つけてください。

 ヒヨコは卵の中からこの卵歯を使って、殻を打ち破ります。打ち始めてから孵化するまでには20時間ほどかかるようです。孵化後、卵歯は不要になるため、まもなく取れてしまいます。

 生き物の仕組みはうまい具合にできているものだと、卵歯を見るたびに思っています。


3回の閲覧
ページトップ

* 常陸大宮市内、近隣地区(常陸太田市、那珂市等)への配達を行っています。

 宅急便のご利用も承っております。お気軽にご連絡ください。